『 知っ得!!熱中症の豆知識③ 』

 第2回のコラムでは、熱中症のリスクを減らすための予防や対処法、応急処置について説明しました。コーナー最後となる今回は、コーチの経験より、熱中症になりやすいパターンや熱中症例、保護者の皆様へのお願いなどを取り上げていきます。

①【熱中症のパターン】

 

 熱中症は真夏の高温にかかる病気というイメージがありますが、実は5月あたりから熱中症になるケースも少なくありません。特に熱中症になるリスクは、環境により左右されます。気温が26~28℃程度でも、湿度が80%以上の場合は、熱中症にかかる人の割合も高くなります。特に、気温の変化が激しく、湿度が高くなる梅雨の時期なども注意が必要です。

 

経験上、もっとも熱中症にかかりやすい環境の条件は、無風のときです。

 

【 気温湿度 】

 

この、三大要素が熱中症に関係がありますが、その中でも風がない日風が当たらない所が一番熱中症になっているケースが多いです。

 

人は体温調節をするために汗をかきます。汗は、皮膚の表面で空気に触れて蒸発しますが、そのときに体の熱をうばって、体温を下げるように働きます。

 

風をうけることは、汗の蒸発により体温を下げる効果を促しますので、熱中症のリスクをかなり軽減します。

 

休憩する場合、陰の風通しの良い場所を確保することが大切です。

 

②【重症化した熱中症例】

 

 高校の合宿で、相手チームの選手が試合途中に熱中症でグランドで倒れたことがありました。その選手は、それから1週間意識がなく病院の救急治療室でそごしました。幸いなことに意識回復後は、熱中症の脳や臓器への後遺症はなく普段の生活に戻ることができたと聞いています。今回のケースでは倒れた時の、先生やコーチ陣、また、周りの生徒の熱中症への応急処置がよかったため大事にはいたりませんでした。

 

・具体的に行った応急処置

 

 選手がグランドの中央付近で倒れたとき、氷をもって先生がダッシュで駆け寄りました。最初に行ったことは意識の確認。反応がほぼなかったため、次に行ったことは軌道を確保すること(嘔吐などによる呼吸困難を防ぐため)。さらに、救急車を呼ぶと同時に身体を冷やします。生徒たちは、先生の指示のもと、それぞれの役割を判断し対応します。(周りを囲って陰を作る。衣服をぬがす。アルコールを少量混ぜた霧吹きを体に吹き掛け、団扇であおぐ。体の末梢から中心部にむけて体をさする。山奥なので、救急車を誘導するための道を作る。)救急車が到着してすぐに病院に搬送されました。

 

 今回のケースは、重症者の場合ですが、基本的な応急手当の手順は同じです。サッカーだけではなく、身近な人が熱中症になったとき、冷静にかつ迅速に対応できることが大切です。

 

③【保護者へのお願い】

 

 子供たちは、生活の大半の時間は家庭と学校で過ごしています。熱中症の予防に最も効果的なことは、生活リズムをしっかりと整え、バランスの良い食事と十分な睡眠をとることです。家での生活リズムが子供の健康やサッカーに取り組む際の集中力に関係していますので、引き続き、子供たちの生活面でのご指導も宜しくお願い致します!

 

 

④【役割についての理解】

 

・コーチの役割

 

 子供の顔色や調子の変化を気にかけて、熱中症を予防するための助言や指導を行います。水分補給のタイミングや休憩場所などを考え、熱中症になるリスクを減らす環境を作ります。また、低学年から段階的に自分達で暑さや寒さに対して、どのような準備が必要になるか?問いかけ、考える機会を与え続けることで、高学年では、6年生が中心になり、自分の体を気にかけられるようにしていきたいと考えております。

 ※子供も大人も体調などの急激な変化を起こす場合があります。緊急をようする子供の変化に気づかれた場合は、命を守るという観点からお声掛け宜しくお願い致します。

 

・子供たちの役割

 

 日頃から生活習慣(早寝・早起き・朝ごはん)に気を付け、生活のリズムを整える。低学年では、コーチの話しをしっかりと聞き、サッカーを上達するためには、いつ?なぜ?どんなことが必要になるのか?を時間をかけて理解できるようにする。高学年は、コーチのアドバイスを聞き、それ以外にサッカーに集中するための体の準備をみんなで話し合い、コーチの助言+自分たちで工夫して体のケアをできるようにする。

 

・保護者の役割

 

 子供たちの生活習慣が規則正しく行えるようにご家庭での環境作りをお願い致します。また、練習前や試合当日などに子供の体調が悪い、または周りに対する態度が変わってきているなどの変化がありましたら、担当コーチにご連絡頂き、子供の状態を共有していけたらと考えておりますので宜しくお願い致します!

 また、試合会場では引率後はできるだけ子供たちから離れて見て頂けるようにお願いいたします。子供たちが、考え→悩み→答え(成功・失敗)を見つけるという過程で成長できるために、見守ってあげて下さいますようお願い致します。

 

 

 

⑤【会場での熱中症対策について】

 

 去年までバケツを利用し、ハーフタイムなどに保護者の皆様に子供たちの首元などを冷やして頂いていた対策ですが、今年度からは、子供たちができるだけ自分たちで出来るよう促したいため、クラブでクーラーを用意します。(タオルもその中にいれておきますが、自分のがよい場合は持参するようにお願い致します。)

1,

2,凍らしたペットボトルをクーラーの中に・・・

3,(クール)タオルと水を入れて完了!

 

 日頃からクラブのためにたくさんの保護者の皆様から、何かやれることがあれば言って下さい!というお声掛けを頂いております。本当にありがとうございます!!!!( ^)o(^ )

 夏場は、氷やドリンクなどはなんぼあっても良い物なので、持ってきて頂いた際にはコーチへお声掛け頂ければと思います。

 

 宜しくお願い致します。(^o^)

⑤【熱中症対策グッズを活用しよう!!!!】

 

 

・クールタオル

 

 水につけて、体に当てることで熱を逃がす効果があります。冷却効果に優れ、何度も使用することが可能なので使い勝手も良いです。試合の空いた時間などに利用します。


・クールスカーフ

(首を絞めつけるおそれのないもの)

 

 30℃を超える炎天下の日などの

練習などは、首に巻いたままプレーすること

も可能とします。


 

・スポーツドリンク

 

 熱中症予防には、適度な塩分を摂取できるスポーツ飲料が最適です。脱水症状を起こしたときに、水だけを摂取してしまうと、血中の塩分濃度が低下して、筋肉のけいれんを起こしてしまうリスクがあります。


 

・塩分(ナトリウム)を吸収できる飴

 

 

 熱中症対策で心がけたいのが、水分だけではなく、適度な塩分も補給することです。試合会場の空き時間などに、麦茶や水と一緒に補給すれば効果的です。


 

 

・ひんやりシート

 

 急な発熱時や体に熱がこもっているときなどに、熱を冷ます効果があります。試合後の就寝時などにお勧めです。


 

 ・扇子

 

 試合会場などでは風当りの良くない所や無風の天候の時があります。カバンのスペースもとらない扇子は便利アイテムのひとつです。


 ・帽子

 

 練習や試合会場で過ごすときなどは、帽子を効果的に着用しよう。試合やゲームなど対人する練習時や試合などはコーチの指示のもと、ケガをしないように着用しましょう。色は熱のこもらない白色がよいです。また通気性に優れた帽子を着用することで熱中症の予防に最適です。


 

 

 今回は『知っ得!!熱中症の豆知識』と題して、熱中症の基礎知識や予防、応急処置やクラブからのお願いをさせて頂きました。子供たちが、元気いっぱいサッカーに取り組める環境にしていければと考えています。

 

 

 保護者の皆様には、ご理解とご協力の程、宜しくお願い致します!!!!( ^)o(^ )

サッカーブログ

ブログは画像をクリック↑↑↑
ブログは画像をクリック↑↑↑

陸上ブログ

ブログは画像をクリック↑↑↑
ブログは画像をクリック↑↑↑

国際交流

その他 陸上教室

教育リーグ結果

幼保巡回指導先 募集

随時募集しております!!!!

大阪平野スポーツ   フェスティバル

大阪市内外から熱心に活動されている中学サッカー、野球チームを大阪府に招き開催しているスポーツフェスティバル。

公式twitter

フレンドリーシップ

イタリアセリエAで活躍するフィオレンティーナなどのイタリア強豪クラブと太いパイプを持つ OSA SOCCER ACADEMY との業務提携を結んでいます。

外国人の為のイタリア語教育と文化の普及に努めてきた実績を誇る、イタリア教育省認定校LINGUAVIVAと業務提携を結んでいます。

業務提携

最高6億円くじ「BIG」が買える【totoオフィシャルサイト】

NPO法人ユナイテッド平野スポーツクラブでは、独立行政法人日本スポーツ振興センターの振興助成を受け活動しております。

アスリート・スポーツ選手に人気の即効性と根本治療!!針中野フィジカルケア鍼灸整骨院

針中野フィジカル鍼灸整骨院のオンラインショップです。

平野区にある『おりた皮フ科クリニック』は皮膚科専門医による安全な治療院です。

NPO法人

ユナイテッド平野

     スポーツクラブ

 

☆お問い合わせ先☆

TEL 06-6701-5202

FAX 06-6777-4220

 

NPO法人ユナイテッド平野スポーツクラブは、大阪市平野区喜連西地域にてJrサッカークラブやJr体操、高齢者向けのグランドゴルフや太極拳などの教室授業を地域で開催すると共に大阪市下の小学生や中学生向けに大会を開催する総合型クラブです。

 

〈個人情報保護〉

ご入力頂いた情報などにつきましては、弊社が個人情報保護法その他の関連法規を遵守し、厳重に管理致します。

 

〈注意事項〉

・弊社からのEメールは office@united-hirano.comにて送信致します。

・メールの指定受信や拒否設定を行っている場合、返信がない場合がありますので受信可能な設定に変更願います。

 

〈お電話でのお問い合わせ〉

NPO法人ユナイテッド平野スポーツクラブ

TEL:06-6701-5202

〒547-0026

大阪府大阪市平野区喜連西1-18-52

受付時間 10:00〜15:00

 

〈メールでのお問い合わせ〉

office@united-hirano.com