FWは確率の勝負

スポーツナビ記事

「思考の天才」が築き上げたデータベース


 

そのときどきの話題やイベントにフォーカスし、『J論』サイト上で論を交わす時事蹴論。今回はサンフレッチェ広島の名物番記者・中野和也が至ってシンプルなテーマに挑む。「なぜ佐藤寿人は点が取れるのか?」。11年連続二桁得点を記録し、通算200得点も目前の点取り屋。4月29日の横浜F・マリノス戦でも驚きのゴールを刻んだこの男の極意に迫った。

 

不世出のストライカーと言ってもいい

サッカーの本質とは何か。佐藤寿人というストライカーは、常にそんな大命題を見ている側に突きつけてくる。

 『佐藤寿人がなぜ点を取れるのか?』

 このテーマに対して、果たしてどんな答えが出せるだろう。J1通算147得点。J2と合わせたリーグ戦トータルとしては前人未踏の「200得点」まであと3点に迫った。昨年まで11年連続二桁得点を記録するなど、安定性でも不世出のストライカーと言っていい。だが、彼の身体能力は決して突出しているわけではない。高さもないし、ドリブルを持っているわけではない。ガッチリとした身体をつくりあげてはいるが、豊田陽平(サガン鳥栖)ほどの強烈さを望むのは酷だ。

 なのに、佐藤寿人は点が取れる。

横浜FM戦での不思議なゴール

横浜FM戦で7試合ぶりのゴール。相手がカバーに入る中、驚くべき反応でネットを揺らした
拡大写真を表示


横浜FM戦で7試合ぶりのゴール。相手がカバーに入る中、驚くべき反応でネットを揺らした【写真:築田純/アフロスポーツ】

4月29日に行われた横浜FM戦における彼のJ1通算147得点目は、「どうして寿人は点が取れるのか」という命題のさらなる提示である。

 右サイドからのFK。逆サイドで塩谷司がヘッドで競り合い、折り返しを水本裕貴がボレーシュート。だがジャストミートできないそのボールは、横浜FMのGK榎本哲也がキープすると思われた。たとえこぼしたとしても中澤佑二がカバーしており、横浜FM側にしてみれば失点するとは思えないシーンである。

 ところが次の瞬間、ボールはゴールネットを揺らした。いったい何が起きたのか、さっぱり分からない。視線を動かすと寿人が走り、横浜の夜の空に向けて思い切りジャンプしていた。その状況から、広島のエースが7試合ぶりのゴールを決めたことは疑いない。

 だけど、どうやって決めたのか。

ビデオを見ると、水本がシュートを打つ前に彼は既にスタートを切っていた。まるでボールがこぼれてくることが分かっていたかのように、その場所に走っていた。それでも寿人の動きを熟知している中澤がストライカーの前に体を入れていた。そのはずなのに、ボールはネットの中に入っている。映像ではそこの瞬間がよく分からない。

それはもう、本人に説明してもらうしかあるまい。

「本当はミズ(水本)のシュートコースを変えたかった。体勢が良くなかったから強いシュートは打てない。枠には飛ぶだろうと思ったので、ちょっと触ればゴールになる、と。そこを狙って準備したんだけど、思った以上に(ボールが)強くて。なので、逆サイドにボールがこぼれてくるという方向に(修正した)。シュートは(中澤の)股の間から。GKがキャッチすると思ったんだけど、はじいたので、そこで足を出したんです」


そこに自分を存在させること。その瞬間に足を出してボールに当てること。そういうストライカーとしての特性をよく「感覚」という言葉で表現する。「嗅覚」という表現もそうだが、寿人はその言い方を素早く否定した。

「そうじゃなくて蓄積なんですよ。大げさに言えばデータベースです」

息をのんだ。

「この方向からシュートを打てば、ここらあたりにボールがこぼれてくる。これまでのデータから確率が高い状況を予測し、それに対する反応と準備を怠らないこと。もちろんすべてが同じパターンになるわけではないけれど、確率の高さを信じて準備をしておく必要はありますね」

データはどこでインプットしているのか。

「もちろんこれまでの試合での蓄積もそうだし、練習もそう。また、いろんなゴール映像をずっと見ている中で『どうしてこういうゴールが生まれたのか?』ということは、考えるようにしています。それは高校生の頃からずっと続けていることですね。他の選手よりはサッカーを見ていると思うので」

以前、彼に「自分のゴールはどれだけ覚えている?」と聞いたことがある。その時の返事は「全部」だ。実際、彼に「○○戦のゴールについて」と話を振って、言葉が行き詰まったことは1度もない。また昨年、プスカシュ賞(FIFA年間ベストゴール)についてのインタビューで、彼以外の選手が決めたJリーグでのスーパーゴールについても、まったくよどみなく話をしてくれた。映像を見なくても語れるし、映像を見ながらではもっと詳細に話ができるレベルだ。

そのデータベースの話で言えば、2013年9月28日、対鳥栖戦で美しいループシュートを決めた時の彼のコメントにも驚愕した。

「1993年の米国ワールドカップアジア予選・タイ戦の(三浦)カズさんのゴールをイメージしたんです。あのゴールを小学生の時に見ていて、あれからそのシュートばかり練習していました。自分のイメージを可能にする技術は練習で磨かないと試合で決まらない」

 実は昨年のプスカシュ賞候補となった川崎戦のゴールも、決して即興ではなく、練習から何度もトライしていた形が実を結んだもの。アイデアとは全くのゼロから生まれるのではなく、過去の模倣や実績の応用から形になる。そんな現実を、広島のエースは体現してくれている。

「思考の天才」が持つ才能

スーパーコンピュータ並みのデータ蓄積量と解析スピード。これらの武器を生かし、寿人はゴールを量産している
拡大写真を表示


スーパーコンピュータ並みのデータ蓄積量と解析スピード。これらの武器を生かし、寿人はゴールを量産している【写真:アフロスポーツ】

「佐藤寿人はどうしてゴールを奪えるのか」

 その命題に対して、答えはいくつも用意できるだろう。その中であえて最大の武器をあげるとすれば、寿人が持っているスーパーコンピュータ並みのデータ蓄積量と解析スピードにある。シュートまでコンマ数秒しか時間のない中で適切なシュートを放つために、過去のデータから参考事例を引っ張り出し、それをこの場面に応用する形でアウトプットする。中澤の股間に足を出して決めた今回のゴールも、彼がこれまで経験したこと、あるいは見聞したことをデータ化していた中で最適解として引っ張り出した結果なのだ。

筆者は佐藤寿人を表現するのに「思考の天才」という言葉を使ったことがある。「思考する天才」ではない。思考を重ねることを自然に無理することなくできる人材。考えを積み重ねて、そこから最適な答えを紡ぎ出すことを猛スピードでやれる才能を持つ、という意味だ。だからこそ、彼は20代の肉体ではなくなっても点が取れる。データベースの蓄積量が巨大になった30代で、得点王とMVPを獲得するに至ったのだ。

横浜FM戦での広島の勝利は、試合内容からすれば必然だっただろう。だが、どんなにボールを支配してもチャンスをつくっても、ゴールできないと勝利はつかめない。どんな形であろうとも、泥くさくても、ボールをネットに入れないとゴールにはならないし、サッカーの本質的な目標はゴールだ。そこは形うんぬんではない。ねじ込まないと先はない。浅野拓磨や野津田岳人といった若いアタッカーたちにもっとも学んでほしいのは、佐藤寿人という男が続けている思考の積み重ねと、常に努力を続けていく姿勢にある。何よりそのすべてが「ゴール」という目標にシンプルに向かっていること。それが思考に明確性を生んでいるのだ。

自分自身、これでいいって満足したことは一度もありませんね。現状維持でいいと思ったら、現状すら維持できずに落ちるだけ。もっともっと良くなりたい。そういう気持ちで積み重ねて、ようやく現状を維持できると思っています。上積みを続ける意識をかなり大きく持たないと続けていけない」

 繰り返しになるが、あえて書いておきたい。

寿人よりも身体能力が高いストライカーはいただろう。寿人よりもドリブルができる。寿人よりもヘッドが強い。寿人よりも遠い距離からシュートできる選手もいただろう。だが、佐藤寿人ほど長く安定してゴールを量産できている選手はいない。

 それはなぜなのか。

 考えれば考えるほど深遠なテーマを思考する一助として、このコラムが参考になれば幸いである。今の日本サッカー界が直面する「若いストライカー不足」という問題にも、佐藤寿人という巨大な主題と向き合うことで、方向性があらわになるような気がしてならない。



サッカーブログ

ブログは画像をクリック↑↑↑
ブログは画像をクリック↑↑↑

陸上ブログ

ブログは画像をクリック↑↑↑
ブログは画像をクリック↑↑↑

国際交流

その他 陸上教室

教育リーグ結果

幼保巡回指導先 募集

随時募集しております!!!!

大阪平野スポーツ   フェスティバル

大阪市内外から熱心に活動されている中学サッカー、野球チームを大阪府に招き開催しているスポーツフェスティバル。

公式twitter

フレンドリーシップ

イタリアセリエAで活躍するフィオレンティーナなどのイタリア強豪クラブと太いパイプを持つ OSA SOCCER ACADEMY との業務提携を結んでいます。

外国人の為のイタリア語教育と文化の普及に努めてきた実績を誇る、イタリア教育省認定校LINGUAVIVAと業務提携を結んでいます。

業務提携

最高6億円くじ「BIG」が買える【totoオフィシャルサイト】

NPO法人ユナイテッド平野スポーツクラブでは、独立行政法人日本スポーツ振興センターの振興助成を受け活動しております。

アスリート・スポーツ選手に人気の即効性と根本治療!!針中野フィジカルケア鍼灸整骨院

針中野フィジカル鍼灸整骨院のオンラインショップです。

平野区にある『おりた皮フ科クリニック』は皮膚科専門医による安全な治療院です。

NPO法人

ユナイテッド平野

     スポーツクラブ

 

☆お問い合わせ先☆

TEL 06-6701-5202

FAX 06-6777-4220

 

NPO法人ユナイテッド平野スポーツクラブは、大阪市平野区喜連西地域にてJrサッカークラブやJr体操、高齢者向けのグランドゴルフや太極拳などの教室授業を地域で開催すると共に大阪市下の小学生や中学生向けに大会を開催する総合型クラブです。

 

〈個人情報保護〉

ご入力頂いた情報などにつきましては、弊社が個人情報保護法その他の関連法規を遵守し、厳重に管理致します。

 

〈注意事項〉

・弊社からのEメールは office@united-hirano.comにて送信致します。

・メールの指定受信や拒否設定を行っている場合、返信がない場合がありますので受信可能な設定に変更願います。

 

〈お電話でのお問い合わせ〉

NPO法人ユナイテッド平野スポーツクラブ

TEL:06-6701-5202

〒547-0026

大阪府大阪市平野区喜連西1-18-52

受付時間 10:00〜15:00

 

〈メールでのお問い合わせ〉

office@united-hirano.com